ギフテッドをざっくり2つの系統に分けてみた。

ギフテッドってどんな人?

もともと私は

「ギフテッドにはざっくり分けて2つの系統(タイプ)があるのでは?」

と感じていたのですが、

このブログを読んでいる人が私と同じタイプの人が多いような気がして、これからはギフテッド全体と同時に「私と同じタイプの人向け」に特化した内容も書きたいなと思い、一度まとめてみました。

 

この分類はどうでしょうか?

心当たりはありますか(・ᗜ・)

 

ギフテッドの2系統

1. 論理的/男性的/左脳領域機能/凸タイプ(多くの人が思い浮かべるギフテッド・天才)

  • 超高速で細かく思考できるので、高IQが出やすい。
  • 今の世界・時代の傾向と自分の性質がマッチしているため、社会的に成功しやすい。お金を稼ぐことがたやすい。
  • ドンドン自分の道を進んでいけるので、世間との軋轢が少ないが、その分他者の精神的価値観をひっくり返すような影響力は少なめ。発明を通して物質的に世界を大きくひっくり返すことがある。
  • 凸タイプ→とにかく行動したり発信したり、世界に向けて出っ張っているほうが自然で楽ということ。良い「受け止めてくれるもの」を見つけたい。

 

2. 感覚的/女性的/右脳領域機能/凹タイプ(私と、このブログを読んでいる人?)

  • ゆっくり大きく考えるので、IQテストで高いスコアは出づらい。そもそも、その才能が定量的・客観的に評価しづらく、おとなしいので埋もれがち。
  • 今の世界・時代の傾向と自分の性質が逆行しているため、日陰者になりがちであり、感受性が非常に豊かなので「病み」やすい。
  • 感じたり考えたり悩んだり内面世界で忙しく人生にやたら障害が多発し、世間との軋轢がとても多くなるが、その分世間への精神的・潜在的影響力も大きくなる。たった一言で人の人生を変えたりする。
  • 大器晩成。
  • 凹タイプ→基本的になにもせず、世界に向けて受け身でいるほうが自然で楽ということ。良い「受け取るもの」を見つけたい。

☆ギフテッドのラベルを使って自分の問題を解決したいと考えている人は、実は世間がイメージする「ギフテッド」「天才」である「タイプ1」よりも、こっちのタイプの人が多いのかも?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

この2タイプの要素は同じ人の中に共存することができるものの、基本的には根っこの部分&割合が多い方でどちらかに分けられると思います。

 

稀にProfoundly Gifted(最強度のギフテッド)で10:10のハイブリッド型になっている人がいます😳
とても大変そうですが、それを乗り越える強さも感じます。

 

ギフテッドの2系統、私は…
  • 当てはまる選択肢がないので追加する

例によって投票をつくってしまいました(笑)

最初はどちらのタイプか尋ねようとしたのですが、よくよくイメージしてみたら、「2つの系統と5つの型」に分けられると感じたので、そのように作りました。

この分類がまったくピンとこなかったという場合も、そのように投票していただけると今後の参考になるのでありがたいです。

 

 

おまけ:

↑この間、世界中の人と遊べるネットゲーム(ROBLOX)で遊んでいた時に、一緒にいたプレーヤーから受けた煽り言葉?です。

「あなたは私の脳の半分を失わせる」どういう意味でしょうねえ〜

気に入ってスクショしてしまいました〜〜〜〜(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました