脳が働くためのエネルギーについて新しく知ったこと

繊細さ対策

Amazon の定額読み放題サービス Kindle Unlimited で何となくダウンロードしてみた、「美しい脳図鑑」という本が面白いです。

とても複雑で広汎にわたる脳の仕組みについて、図解たっぷりで分かりやすく解説されています(美しいです)。

 

 

私が特に気になったのが、脳のエネルギー源について書かれている部分。

 

「脳のエネルギー源はブドウ糖」というのは、けっこう有名な話ですが、

ブドウ糖を実際に脳のエネルギーに変えるためにはビタミンB群が必要ということを私はちゃんと知りませんでした。

 

この記事に書いたように、私は自分がやるべきことをほったらかしているとブツブツが体に出てくることがあり、薬を塗っても時間が経つとまた出てくるので調べたところ

「ビタミンBが良いかも」ということだったので以前から時々ビタミンB群のサプリを飲んでいました。

 

食事でタンパク質をとりつつ同時にビタミンB群サプリをとると、爪が伸びるのが早くなる、皮膚がしっかり作られているなどの効果が私は実感できました。

ブツブツも、ガスの強火→弱火くらいの見た目やパワーの変化があります(笑)。

 

私の普段の食生活では、ビタミンB群が体に不足してたのかもしれません。

だから肌や爪のように目には見えないけどきっと、脳にも不便をかけてたかも。。

 

とりあえずこの「脳にはブドウ糖プラス、ビタミンも要る」事実を知ってから、オレンジジュースでちょっとブドウ糖とビタミンCを追加してビタミンB群サプリを飲んでみました(笑)。

 

こちらのWebサイトにビタミンB群が不足した時の症状が詳しく書かれているので、当てはまる人はサプリを検討してみてもいいかも。

ビタミン講座/ビタミンB群/ビタミンを多く含む食品

 

 

ブドウ糖についても、流行りの糖質制限ダイエットをやりすぎて頭がボーッとして回らないという人を実際に見たことがあります。

糖質制限のやりすぎは、脳が栄養不足でぐったりしてしまうかもしれないのでお気をつけて…。

 

あともうひとつ面白かったところを載せておきます。べんっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました