【本】Curse of the High IQ

面白いもの・こと
The Curse of the High IQ: Aaron Clarey: 9781522813750: Amazon.com: Books
The Curse of the High IQ on Amazon.com. *FREE* shipping on qualifying offers. Society, by statistical necessity, needs to focus on the majority. It needs to be

アメリカの経済学者、Aaron Clarey氏による“Curse of the High IQ(高IQの呪い)”です。

IQ137の著者と、高いIQを持つ友人たちに共通する問題を次々と明らかにしていきます。

  • Our problems were not unique, but shared and common among people with high IQ’s (depression, alcoholism, ennui, indifference, loneliness, boredom, etc.), and It was being caused by abnormally high intelligences that unintentionally ostracized us from the rest of society.
  • The purpose of this book is to identify, explain, and provide solutions to the problems that are inherent in having a high IQ.

Amazon.comのレビューでは「解決策が書かれてないじゃないかー」と言われてたりするのですが、確かに最後はUnsolvableという項で締めくくられており、解決策についてはあまり触れられていないです。

しかしタイトル通り、高IQがもたらす負の側面については詳しく書かれています。

 

考えることが得意だからといって、人生の諸問題についてもとことん考えることで解決をしようとすると、「ただ自分の感情に気付き、認めてあげること自体が解決だった」となることがままあるのですが

この本も、具体的な解決案がなくても気持ちに寄り添ってくれることで解決のような効果をもたらしてくれる本と言えるかもしれません。

 

エア友人とのエア愚痴り合いが楽しめる本です。

カタルシス効果は大でした。

 

しかし、普段ネットで入手していたgiftedの情報はオフィシャルのきれいなものが多かったのだなーとしみじみ思います。

こういう実態に基づくネガティブな情報が入ると、より立体的に捉えられてよいです(笑)

 

私が特に共感したのは、以下のような部分。

  • This world was designed for normal people.  This world was designed for the majority.
  • For while we can focus on careers, education, dating, entertainment, etc., having a high IQ undermines the most fundamental and important thing in our lives – society.  Specifically, other people.    Whether we like it or not, we will derive 100% of our value and happiness from other people.
  • the only thing that matters in life is other humans.  Not just because of family, friends, and loved ones, but because we have to interact with other people in society merely to get by.

コメント

タイトルとURLをコピーしました