社会とギフテッドの関わりの未来について確信していること

思うこと

ギフテッドについての理解を深めれば深めるほど、意外なことに

ギフテッドの特徴を持たない人たちの天才性にどんどん気付かされています。

 

それで私がずっと確信しているのが、

すべての人が、自分の中の天才性を発見して、認めて伸ばすこと

社会の中でギフテッドが見出されて、認められ活用されていくこと

は、

連動していて、どちらかが一気に進むことはない、二人三脚の関係

ということです。

 

 

自分の中に天才性があることも、社会の中に天才がいることも、大きな驚きであり喜び、画期的な幸福です。

 

その目が眩むような大きすぎる幸福を素直に受け入れることこそが、今後すべての人が主体的に自分の天才性を受け入れ、活かして生きていくためのカギだと思います☺

 

すべての人が自分の特別な能力をフルに発揮し、それを他の人と分かち合う喜びを深く堪能できる世界になりますように❗

コメント

タイトルとURLをコピーしました