ギフテッド自覚から10年 最も成長したこと

思うこと

ブログを書くからには、ちゃんと読んだ人に「伝わる」ものが書きたくて、でもこれまでいつも核心的なことほど「何言ってるかわからねー」っていう反応をされがちだったので、伝わるものを書くにはどうしたらいいんだろうと頭を抱えていました。

 

伝えるには、伝える相手のことをよく知らなければいけないので、どういう人が読みに来るかな、どんな人に読んでほしいかなと思ったらやっぱりイメージは「自分がギフテッドなんだって知ったばかりの10年前の自分」なんですよね。

 

当時からパソコンにいろいろとメモを残していたので、久しぶりにひらいてみたら、すごくトゲトゲギスギスしていてなつかしくなりました。

 

 

この10年で何がいちばん成長したかというと、

自分の知能=理解する、分かる、「分ける」力を、ほんとうによい統合のために使うことができている、と心から納得できるようになった。

ということだと思います(また抽象的で、、ごめんなさい)。

 

 

今の世の中に生まれたら、高知能って、「どれだけ分けられるか」っていうことばかりがクローズアップされていて、無意識に

「こんなに分けられるんだぞ!!!どーだ!!!!」

っていう方向に進んでしまう。

 

だけどなんで分けるかって、より良い統合をするために他ならないわけです。

人は統合することが好きで、楽しくて、嬉しいものだから。

 

知能を使って、物事に新しい分け方を与えて、新しい統合をすることで、これまでになかった喜びが生まれる。

それが知能の仕事です。

すっごい分け方、分けまくり無双は、知能は嬉しいけど、心が置いていかれて、全部荒廃する。

それがわかったから、心を満たすような、それありきの分け方をしようと誓って、それができた。

 

本物の理智って愛そのものなんだとしみじみ思う今日このごろです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました