もっとギフテッドの深い愛を遠慮なく受け取って欲しい!(笑)

思うこと

周りのギフテッドを見ていても本当に多いのですが、

すごく相手のことを思うあまり、相手が受け取れる以上の親切をしてしまう

ということをよく見かけるし、

また自分もしてしまったと思いました。

 

だからといって、困っている人を黙って見ているのも辛いし、ついつい助け舟をどんどん出してしまうのだけど、

相手の受け取る準備ができていなければ、どんな知識も相手の耳を通り抜けてしまうし、どんなツールも相手が実際に活用できる事は無いんですよね。

 

 

自分が助けてもらう時でもそうです!

いくら良い方法や知識を教えてもらっても、それを受け取ることを自分が自分に許せていない限り

自分のものになる事は無い。

 

でも本気じゃない時ほど、かえって「助けて」とか「教えて」とか軽々しく言えてしまったりするんですよね😑…

それって本気で助けてくれる人からしたら本当に迷惑なことだから、今後は厳に慎もうと決めました。

 

 

相談されているときに、「この人は本気で解決する気がないなぁ」っていうのが伝わってくる感じとか、分かりますか??!

 

どんな助けも跳ね除けてしまうほど、助けを受け容れる器が極小になってしまっている人には、その器を自分の意志で広げてもらわない限り、いくら助けてくれと言われても助けようがないんです。

 

自分がよかれと思って包んだギフトを、相手がそこまで求めてなかったとか、受け止められるものじゃなかったのでポイされるということがよくあります。

 

私は子どもの頃からそんな感じだったので、今思えばギフテッドの先輩だった方が見兼ねて教えてくれたことわざが、これでした↓

 

先輩もギフトをポイされた経験があったのかもしれないですねーーーー私も今さら意味が分かってきたかもしれないです(あ、こんな感じで、その時は反応がなくても遅効性ギフトなのかもしれないですね!)

 

 

相手を助けたい!気持ちに任せてばばばばっと突っ走ってしまう前に、

相手がまだ助けを受け取れる段階になかったら、

いつか必ず受け取れるようになると信じて、黙って見守る。

というのも愛なんだと思います。

そしてまずなにより、受け取る器を広げていくことを常に続けていく。

 

 

そして、

ギフテッド同士の交流について、

知的レベルが同じ人同士だと会話が楽かつ面白いというのは当然あるのですが、

深い愛を持つもの同士で(通常敬遠されるような)どっしり重たいギフトをやりとりしてお互い満たされるというのは、本当に何物にもかえがたい幸福なんだなとしみじみ感じます💓

コメント

タイトルとURLをコピーしました