ギフテッド必読の本(1) 幸せに生きる・物事を成就させる「幸福優位 7つの法則」

面白いもの・こと

私がこれまでの人生で直感し、その体現のために努力してきた目標・生き方について、ハーバード大学で10年以上科学的に研究してきたという、ポジティブ心理学者のショーン・エイカーという人に出会いました。

エイカーさんの本を2冊、4月中旬に読みましたので、2記事に分けて紹介します。

 

 

エイカーさんは、長いことハーバード大学の寮で学生たちをサポートする仕事をされていたそうで、その現場での経験が大いに彼の研究に活かされているそうです。

 

ハーバードの学生の指導に関するこんなエピソードが紹介されていました。

私は、指導する学生たちによくこんなことを言う。

「私の計算が間違ってなければ、君たちの99パーセントは、上位1パーセントの成績で卒業できないよ」

学生たちはこの冗談に笑わない。

(「幸福優位 7つの法則」本文より)

・・・かなりシビアな環境ですね(・_・;

 

彼の研究には、多くのギフテッドたちや、上位数パーセントという特殊なストレスを観察したものが含まれているのでしょう。

このあたりも、彼の本がギフテッドたちに響くのではないかと思う理由です。

 

 

一つ目に紹介するエイカーさんの本は、「幸福優位 7つの法則」です。

これは、「成功するから幸せになるのではなく、幸せだから成功する」という事実、その成功を実現するために導き出された「7つの法則」について書かれた本です。

 

幸せにすこやかに生きるためにまず重要なことは、自分の存在や人生について肯定的に、ポジティブに捉えるということだと思います。この本ではその方法を事細かに説明しています。

本自体からも、緊迫感や後ろ向きさ、ネガティビティと戦闘する姿勢ではなく、明るく開かれて肯定的な雰囲気、ユーモアがただよっているところがいいです。

 

「7つの法則」の概要:

法則1 ハピネス・アドバンテージ

ポジティブな脳は、平常時の脳やネガティブな脳に比べて、生物学的な優位性をもつ。この法則から、脳を再訓練して積極性を高めることで、生産性や業績を改善する方法が学べる。

法則2 心のレバレッジ化

自分の置かれた状況をどのように経験するか、またその中で成功できるかどうかは、マインドセット、すなわち心の持ちようによって絶えず変化する。この法則から、幸せと成功をもたらすてこの力が最大になるように心の持ちよう(てこの支点)を調整する方法が学べる。

法則3 テトリス効果

ストレスや悪いことや失敗にばかり注目するパターンが脳の中に出来上がってしまうと、挫折への道に自らを追い込むことになる。この法則から、脳を再訓練して肯定的なパターン(ポジティビティ)を探せば、どんな状況からもチャンスが見出せるということが学べる。

法則4 再起力

挫折やストレスや困難のさなかでも、人の脳はそれに対処するための道を考え出す。失敗や苦難から立ち直るだけでなく、その経験があったからこそ、より幸せになり成功をつかむ道を見出せるということがこの法則から学べる。

法則5 ゾロ・サークル

大きな試練に圧倒されると、理性が感情に乗っ取られてしまう。まず達成可能な小さなゴールに注目してコントロール感覚を取り戻し、それから徐々に範囲を広げて大きなゴールを達成する方法を、この法則から学ぶことができる。

法則6 20秒ルール

人間の意志の力には限界がある。いい方向に変化してもそれを持続させることは難しい。意志の力が尽きれば、もとの習慣あるいは「最も抵抗の少ない道」にずるずると戻ってしまう。この法則から、エネルギーの調整によって、別の道を「最も抵抗の少ない道」にし、悪しき習慣をよい習慣に置き換える方法を学べる。

法則7 ソーシャルへの投資

試練とストレスに見舞われると、身を丸めて自分の殻の中に閉じこもってしまいがちだ。しかし最も成功している人々ほど、友人、同僚、家族との人間関係を大事にして、それを推進力としている。この法則からは、成功と卓越をもたらす大きな因子、人のネットワークにもっと投資する必要があることを学べる。

 

 

私はこの本に書いてあることをほとんどすでに実践していたのですが、ショーン・エイカーさんの研究によって私の考え・生き方の再現性が実証されていたことで、他の人にも自分の歩んだ道について伝えられたらいいなという気持ちが大きくなりました。

また、私が書くよりもずっと体系的に分かりやすく、「エビデンス」込みで書かれているので、私の考えに興味を持ってくださった方には、この本を私のブログより先に読んでほしいです。

 

「幸福優位 7つの法則」の中で私が特に頷き、ハイライトした部分はこちらです:

  • 最も幸せな上位10パーセントの人たちを、他の人たちから区別している特質はたった一つであるということが分かった。それは「強固な人間関係」だった。
  • 〝日々の行動を自分の心がいかにとらえているかが、その行動自体よりも現実を決定する〟

     

これは本当に真実です。

 

ぜひこの本を、人生に取り組む姿勢づくりの参考にしてみてください。

☆ちなみに、AmazonのゴールデンウイークKindle本40%セールの対象になっているようで、今から5/9までは、ユリシーが買った時(定価)の半額くらいでKindle版を買うことができます(T_T)

 

次の記事はこちらです。

ギフテッド必読の本(2) 才能をフル開花させる・よい人間関係を築く「ビッグ・ポテンシャル」

コメント

タイトルとURLをコピーしました