「愛」とはなにか?私の理解はこんな感じです

ギフテッドの恋愛 魂の片割れ

今日はなんだかすごく書きたくなるので愛についての記事を書こうと思います。

(誰か、すごく愛について知りたい人がいるのでしょうか?)

 

 

、ってすごく抽象的で大きなテーマですよね。

 

愛に関する理解を進める前の、私の愛に対する印象は

何かすごく崇高なもの、目指すべきもので、でもどこかつかみどころがなくて、縁遠いもののようで、ちょっとひねくれた気持ちを喚起させるもの

という感じでした(笑)。

 

 

そこから紆余曲折を経て、ずっと持ち続けている私の愛の見方を言葉にすると、

そのものを最もそのものたらしめる力。

です。

 

愛には人の数だけ受け取り方や見え方があって、そのバリエーションがかけがえのない豊かさであり喜び、楽しさだと思います。

 

それで私にとっての愛とは、

そのものを最もそのものたらしめる力。

なんです。

 

愛に似ているもの

私が愛に似ていると思うもののひとつがお金です。

💰

絶えず人と人の間を循環しているシンプルなエネルギーで、各自がそれぞれ意味づけをして自由にいろいろな経験を生み出すということ。

お金は物質的な豊かさの象徴であり愛は精神的な豊かさの象徴です。

 

もう一つは空気です。

🌬

ないと死んでしまうもの。にも関わらず、生まれた時から死ぬ時まで常にずっとあるので、自分がよほど意識しなければその存在に気が付けないということ。

目に見えないこと。透明で、つかみどころがなく、遍在していて、人を生かしてくれるところ。

そして、実は自分が塞がなければ常に与えられているということ。太陽の光にも似ています。

言葉を並べて表現するならば。。。

🌿

私たちの本質、すべてをつらぬくもの。基礎。永遠。無限。真善美。磁気的な力。尊重すること。受け容れること。対象を真正面から直視すること。

愛の二面性

一般に愛とは素晴らしいもの、良きもの、快、というポジティブなイメージがあるけど

実際にはそういった素晴らしい側面と同様に、反対のネガティブの側面も無限に備えている、すべてを内蔵している、受け容れるというダイナミックさ、豊かさこそが愛の本質だと私は捉えています。

映画のエンドロールをみているときのような、あらゆる山・谷を包括して、あらゆる営みを俯瞰して、美しい、素敵だなとふんわり慈しむような感覚、これが私の思う愛の感覚に近いのです。

愛は自由意志とセット

ポジティブを与えてくれることだけじゃなく、ポジティブもネガティブも許容して、どんな経験も自由にさせてくれること。

愛は常に自由意志とセットで、愛を完全否定してオリジナルな暗黒地獄世界をつくりだすことも、愛される対象に許します。

🌝🌚

愛によってどんなものをどれだけ与えられたとしても、受け取る側はそれを自由意志によって、どのようにも好きなように処することができます。

愛のパワフルさ

私は自分の本質でいたいという気持ちがとてつもなく強く、全員の本質とは愛なので、私が人格者だからなわけではないのですが、ときどき自分から超純粋な愛が発射されることがあります。

なので、超純粋な愛は、時に暴力的なまでにすさまじいパワーを持っていることを知っています。

今は理屈、権威などの武器が人を従わせるために使われていますが、超純粋な愛はそれらを遥かに上回る人を動かす力があり、「まさか、大の大人が」という、信じられないような言動をその人の根底に同じくある愛を共鳴させて引き出すことがあります。

超純粋な愛のあるところには、常識的に考えて奇跡のようなこともよく起こってきます。

 

 

 

…とまあ、私の現時点での愛の理解はこんなところです。

これからもどんどん進化していくでしょうから楽しみです(・ᗜ・)

コメント

  1. ねこ より:

    愛はインフラ

    0
タイトルとURLをコピーしました